サイトマップ

印刷

保健室より

 

学校感染症による出席停止と復帰に伴う手続きについて
 
学校保健安全法により、次の表の疾患は、学校感染症として定められています。
 
学校保健安全法施行規則一部改正による(平成24年4月1日より施行)
 
 
 
第一種
第二種
第三種
エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎(ポリオ)
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)
中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルスに限る)
特定鳥インフルエンザ(H5N1型及びH7N9型に限る)
 
インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)
百日咳
麻疹(はしか)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
風疹(三日ばしか)
水痘(水ぼうそう)
咽頭結膜熱(プール熱)
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
コレラ
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症
 
感染症の蔓延を防ぐために、これらの疾患にかかっている場合、またはかかっている疑いがある場合は、「出席停止」の対象となります。医療機関において診断された場合は、直ちに学校へ連絡をしてください。
医師より「感染の恐れがなくなったので、登校してかまわない」という診断を受けたら、以下の証明書(PDF形式)よりプリントしたものを提出し、記入していただきましょう。
登校したらすぐに保健室へ証明書を提出してください。なお、「出席停止」は、欠席時数には数えられません。
 
 
 
  治癒証明書(PDF) 

 

 

〒115-0052 東京都北区赤羽北三丁目5-22        http://www.kirigaoka-h.metro.tokyo.jp/
電話 : 03-3906-2173 ファクシミリ : 03-3909-4739